番組概要

ホームページ

日本テレビ、木曜23時59分

キャスト:

主演・貫地谷しほり 本郷奏多、ゴリ、安達祐実、六角精児ほか
脚本:泉澤陽子
原作:乾くるみ「リピート」(小説)

「イニシエーション・ラブ」乾くるみの小説原作。タイムスリップで過去に戻り、人生をやり直すという8人の男女をSFサスペンス&ラブミステリー

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら? ある日突然の電話で持ちかけられた、夢のような「リピート」の誘いに乗って、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて……。なぜ、犯人は「リピート」した者を狙うのか? 犯人は十人の中にいるのか? あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑作。驚愕のラストは絶対に見逃せない!出典:amazon

第一話

「もし現在の記憶を持ったまま10か月前に戻れたら何をやり直したいですか?」

第一話は図書館の司書として暮らしている主演の篠崎鮎美(33才)の話がメイン。 鮎美は図書館で一流商社マンと出会う。そろそろプロポーズがあってもいいかな?と思う付き合ってから1年半程経っているとう時期にリピートの誘いを受ける。

リピート前の誕生日に夕飯を彼氏と食べる予定だったのが、図書館で子供が大けがしたことで、待ち合わせレストランの閉店時間に間に合わなかった鮎美。

「誕生日にプロポーズをしようと思っていた」「でも今は好きな人ができた。」と言われてしまう。

鮎美は、10か月前に戻ってプロポーズをうけることに成功する。
リピートしてからみんなで再び集まると、「髙橋和彦 (福田転球)が亡くなった」聞かされる。

============================================

第一話は、鮎美がどろだらけで歩いているシーンで始まる。その先には、天童太郎(ゴリ)がいて、おなかから血を流して「先に行ってくれ」という。その後鮎美は、毛利圭介(本郷奏多)に肩を貸しながら歩いて行き、その先に強烈な光が見えるというもの。

これぞSFサスペンス・・・・・ この先はどうなるのでしょうか。とても楽しみです。

リピートの説明では、過去に戻って競馬も当てられるとか、一人占めはもったいないから皆さんを一回だけリピートに招待とか。 どう考えても怪しい誘い文句なのに、8人いるという集団の心理も働き、誰かが乗るとみんながのってしまうという展開の速さ。 ここでまず、「うーん、小説っぽい!」と思いながらも、「そう来なくっちゃ!」と思ったりして。。。 ここから先は予想を超えるものがやってくるのではないかと楽しみにしています。 第二話の予告では、鮎美のフィアンセが車でほかの女性とキスしている姿を目撃してしまったり。。。。 やっぱり過去に戻っても直らないものってあるのね・・・・とかんじてしまいました。

第一話の冒頭のシーンからしてもこの先は運命からは逃れられないというだけではすまない展開が待っていそうな気がします。

また、amazonの小説紹介文を参照すると、この8人が生き残りをかけていく物語になりそうです。

運命とは何か、運命を変えられるのか。このあたりがポイントになっていくのではないかと思います。

また、小説とは登場人物も若干異なるようで、同じ内容で進んではいかないようですね。

そうなるとますます見応えがあります。来週もたのしみです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事