有村架純さん主演のドラマでかわかみじゅんこさん作の漫画が原作の『中学聖日記』に注目が集まっています。

豪華キャストはもちろん、『19歳の新人が誰になるのか?』と言われていたところに大抜擢された俳優さんが凄いということです。

その新人俳優さん、岡田健史さんは強豪校で野球をやっていたイケメンです。

甲子園ロス・・・・金農ロス!などと言われてしまうほど盛り上がった甲子園100回大会!

こちらのドラフトも気になるところですが、プロ野球を目指すほどの強豪校から俳優の道に行かれた岡田さんの演技も楽しみですね!

黒岩晶役の岡田健史さんとは?

岡田健史(おかだけんし)さんのことをまだ知らない人も多いと思いますので、今回は岡田健史さんのプロフィールをご紹介します。

岡田健史 profile

芸名:岡田健史(おかだけんし)

出身:福岡県

生年月日:1999年5月12日

血液型:O型

身長:180cm

趣味:筋トレ

特技:野球

岡田健史さんは、少しのん(能年玲奈)さんに似ている顔をしているイケメン俳優で、男性でいうなら福士蒼汰さんとも似ているとの声も多く出ています。

大谷翔平選手に似ているとの声も!

今後『中学聖日記』を機に色々な役ができそうですね!

今回出演する有村架純さん主演の話題のドラマ「中学聖日記」で、岡田健史さんはデビュー作となりますので、演技経験はほぼゼロなんだそうです!

岡田健史さんのプロフィールにもあるように、野球がとても特意でプロ野球選手を目指していたほどの実力の持ち主です。

野球の強豪校でキャッチャーとして活躍をしていました。

今回出演する中学聖日記では、黒岩晶(くろいわ あきら)という15歳の内向的で流行に詳しくないという純粋な男の子の役を演じていますので、野球に没頭して芸能界には興味が無かったという本当の岡田健史さんとも重なる部分があるのではないでしょうか。

中学聖日記とは

10月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で放送される『中学聖日記』。

本ドラマは、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。

物語の舞台は片田舎の中学校。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(くろいわあきら)に心惹かれていく女教師・末永聖(すえながひじり)の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

主人公・末永聖を有村架純が演じ、続いて町田啓太、吉田羊、夏川結衣らの出演が発表された。

そして、連続ドラマ化の発表当初から「誰が演じるのか!?」とSNS上を大いに賑わせていた、聖に恋する教え子・黒岩晶役に新人の岡田健史(おかだけんし)が大抜擢された。

岡田は今作が芸能界デビューとなる。 岡田演じる中学生・黒岩晶は、有村扮する担任教師・聖に初めての恋をし、婚約者がいることを知りながらも自分の気持ちをストレートにぶつけていく、ピュアで世間知らずな不思議な魅力を持った少年。

主人公の相手役という大役であり難役を決めるにあたって、1年にわたりオーディションが行われた。

その中で、「純粋で良い意味で洗練されていない、今どきの子にはなかなか無い魅力があった」という理由で岡田が選出された。

テレビの出演経験も演技経験もなく、事務所に所属して間もないまっさらな新人を起用したこの抜擢は異例といえる。

そんな岡田について、共演シーンの多い有村は「初めてお会いした時に目がすごく素敵で、私のことを真っ直ぐ見て下さったのがものすごく印象に残っていて。

お芝居をしていても岡田さん自身の人柄というのが滲み出ている感じで、ピュアさだったり真面目な素直なものっていうのがしっかりと目に表れているような気がします。

初めてとは思えないくらいしっかりとこの作品や晶という役に真摯に向き合っている方で、非常に努力家で真面目な方だと思います」と語っている。

演技未経験のため、晶役が決まった翌日から毎日のようにレッスンをしており、演出・塚原あゆ子からもマンツーマンで演技指導を受け、この役に挑んでいる岡田。

目に映るものすべてが新しい彼のピュアなまなざしは、恋するということを初めて知った晶の役どころに通ずるものが。

キラキラとした青春の日々、誰もが抱いたであろうあの頃のモヤっとした気持ち…。まだ何も知らないからこそ繊細な感情を体現できる、岡田の全力投球の初演技と成長していく姿に期待が高まる。

胸に残る「ヒリヒリ」とした感情が後を引き、あなたもきっともう一度恋をしたくなる…。ピュアだからこそ危うい禁断×純愛のヒューマンラブストーリーをどうぞお楽しみに。

 キャスト

末永 聖すえながひじり … 有村架純

黒岩 晶くろいわあきら … 岡田健史

川合 勝太郎かわいしょうたろう … 町田啓太

上布 茂じょうふしげる … マキタスポーツ  

塩谷 三千代しおやみちよ … 夏木マリ

丹羽 千鶴にわちづる … 友近  

原口 律はらぐちりつ … 吉田 羊

黒岩 愛子くろいわあいこ … 夏川結衣

 

 

 

中学生日記のオーディションについて

中学聖日記は、1年にもわたってかなり慎重にオーディションを行ったそうです。

というのも、中学聖日記の舞台は田舎の中学校ですので、田舎に居そうな純粋な中学生の男の子を探していたそうです

厳しいオーディションでしたが、岡田健史さんを初めて見たときの感想で、プロデューサーの新井順子さんが

「中々黒岩晶にピッタリの子が居なかったとき、岡田健史さんを見て素朴で真っ直ぐ目を見て話す姿が黒田晶に通じるものがある」

と言っていました。

オーディションで妥協をしなかった新井順子さんが、岡田健史さんを見て“この子だ!”と思ったということは、演技未経験の岡田健史さんであっても使いたいほどしっくりきたものがあったのでしょう。

それほどの魅力がある岡田健史さんですが、人気女優の有村架純さんの相手役となる役ですし、原作も人気があるのでドラマの期待度も高く、岡田健史さんの役はとても重要だと思いますので、黒岩晶という役を演じたことがこれからの芸能人生を大きく左右することとなるでしょう!

岡田健史さんのチーム創成館高校は甲子園出た?

岡田健史さんの野球に対する情熱というのは、かなり熱く、高校生になるときには地元である福岡県を離れて甲子園に出るために長崎県に野球留学をしたそうです。

 

長崎の強豪高校というと、5校以上もの名前を挙げることがでると思います。

岡田健史さんは長崎県の強豪校である創成館高校に野球留学していました。

岡田さんの代では残念ながら甲子園に出場することはできませんでした。

甲子園に出場するって本当に大変なことなんだなと思います。

しかしながら九州の強豪校、岡田さんが1年生の時には甲子園に出場しています!

甲子園ってすごいのですが、実は甲子園に並ぶほどすごい大会、神宮大会という全国大会があり、岡田さん3年生の時に神宮大会で準優勝しています。

準決勝では。。。。あの大阪桐蔭を破って決勝に駒を進めました。

決勝で明徳義塾高校に負けはしましたがその実力は全国2位!!

2018年第100回全国高等学校野球選手権記念大会にも創成館高校は出場しています。

これらのことから、かなりの強豪校だということがわかります。

ちなみに創成館高校野球部はほぼ全員寮生活を送っており、規則正しい生活をしていると思われます。

 

この創成館高校で、キャッチャーとして活躍していたそうです。

高校時代に野球を一生懸命やっていた姿の画像も出回っていますので、気になったら調べてみてくださいね!

野球を小さい頃からやっていたので、岡田健史さんの人生史上で今が最も髪の毛が長い時期だそうです!

でも坊主が似合う人は本当にイケメンだと言いますよね。

坊主でこのかっこよさ・・・・本当に地元では有名だったことでしょう。

なぜ俳優になったのか?所属事務所は?

俳優になった直接的なキッカケというのは、岡田健史さんが演劇部の助っ人で「特攻隊員役」をしたことにあったそうです。

特攻隊員役を演じるまでは、芸能界という存在に目もくれず憧れるという感覚さえもなかったようで、「野球がもっと上手になりたい」「甲子園に行きたい」「プロ野球選手になりたい」と野球のことばかりを考えていたそうです。

 

ですが、特攻隊員役を演じてから演技の楽しさを知り、『芸能界に入って演技がしたい!』と思ったようです。

 

元々野球部で野球を熱心に練習している頃から、現在所属している事務所「スウィートパワー」の方にスカウトをされていたそうです。

それも、スカウトする方が1度声をかけてちょうどよく岡田健史さんが芸能界に入りたいと思ったわけではなく、5年間もの間に猛アタックをし続けたようです。

そして、ようやく芸能界に入ることを決意してくれ、スウィートパワー方も嬉しかったと思います。

それほどに芸能事務所にスカウトされ続けるほどの岡田健史さんって凄く魅力的だったんでしょうね。

スウィートパワーは、桐谷美玲さん・南沢奈央さん・黒木メイサさん・桜庭ななみさん・高月彩良さんという芸能界でも特別に輝いている純粋さを持った正統的な美人を揃えている事務所です。

男性では、高杉真宙さんを筆頭に荒木飛羽さん・岡田健史さんなどの俳優さんが所属しています。

この事務所には、都会に染まっていないようなまさに岡田健史さんのような中世的な魅力のある男性であったり、目が綺麗な方しか入れていないように思われますし、共演する機会が多い有村架純さんも岡田健史さんについて「目が綺麗でまっすぐに見つめて挨拶をしてくださったのが印象的です」と話していました。

中学聖日記を見て、その目に惹かれる男性・女性ファンになる方も多いかもしれませんね!

最後に

竹内涼真さんはプロのサッカー選手を目指していたことで有名ですけど、岡田さんもプロ野球選手を目指していただけに、今後の野球関連での活躍も見れそうですね。

竹内涼真さんはサッカーワールドカップロシア大会のTBSスペシャルサポーターで現地入りしキャスターに挑戦していました。

今後の岡田さんは俳優としても、野球関連でも色々な場面での活躍が期待できそうですね!

キャッチャーということもあり、古田選手との共演なんていうのも面白そうですよね!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事