■NHK朝の連ドラ14日放送でまさかの事態 

 

葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」の第12回が14日に放送され、千葉雄大さん演じるヒロインの兄・新一が、まさかの“ナレ死”だったことから視聴者の間で衝撃が広がっている。(まんたんウェブ)

 

■なぜナレ死に?

まず、ナレ死とは▶️登場人物の死亡シーンが見られないまま、ナレーションで死亡が伝えられること。

新一の病状を心配する視聴者をよそに今朝ナレ死になったのはなぜなんだろうと考えて見ましたが、やはり、次の恋の展開への切り替えだったのではないかと思います。高橋一生さん演じる栞からは、てんが誰かに恋心を抱いてることを見破られてしまったり、最期には松坂桃李演じる藤吉と出会ってしまいましたから。

やはりそのシーンの悲しさを引きずらずに次の恋にフォーカスしたかったのではないでしょうか。

(開始すぐのナレ死だったのはどうかと思いますが・・・・)

■まとめ

吉本興業の創始者の話なので、面白い話が進むのかと思って見ていたのに、薬品倉庫が火災になってしまったり、結婚の話がどんどん進んだり。。。。
その中でも濱田岳さん演じる風太がいい味を出していて、所々笑わせてくれたり安心させてくれたりしていたのが、突然このような展開に視聴者は衝撃間違いないことでしょう。

私も「え?」の一言でした。

丸眼鏡の似合う新一兄さんの写真特集もあるのでたくさんの人がファンなはず。

新一ロスは引きずりますが、今後のてんの恋の行方もまた目が離せませんね!

次週は、藤吉との恋、そして点が儀兵衛から勘当されてしまう!?など、色々事件があるようですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事