2年後に迫ってきた東京五輪2020

ちらほらチケットの情報も耳に入るようになってきました。

やっぱり『日本でやるなら好きな競技を一回は見たい!』と思いませんか?

チケットの取り方や値段、その時期について見ていきたいと思います。

東京五輪のチケットの値段は?

https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/

東京2020大会 オリンピック

*開閉会式のチケット:最低価格が12,000円、最高価格が300,000円

*競技の一般チケット:最低価格が2,500円、最高価格が130,000円

*チケット全体の半分以上が、8,000円以下で購入可能

*2,020円の企画チケットを設定
(子ども、ご年配の方、障がいのある方も含めた家族やグループで気軽に会場に来ていただけるよう、グループ向けのチケットを設定(開閉会式を含めた全競技))

東京2020大会 パラリンピック

*開閉会式のチケット:最低価格が8,000円、最高価格が150,000円

*競技の一般チケット:最低価格が900円、最高価格が7,000円

*その他企画チケットを設定 (複数の低価格帯を検討中)

競技別・チケットの値段

東京2020大会オリンピック・パラリンピック公式チケット価格帯

オリンピック競技大会(会期:2020年7月24日(金)~8月9日(日))

競技、種別等 価格
開会式 12,000円~300,000円
閉会式 12,000円~220,000円
水泳(競泳) 5,800円~108,000円
水泳(飛込) 3,500円~30,500円
水泳(アーティスティックスイミング) 4,000円~45,000円
水泳(水球) 3,000円~18,000円
水泳(マラソンスイミング) 3,500円~5,500円
アーチェリー 3,000円~7,000円
陸上競技(トラック&フィールド) 3,000円~130,000円
陸上競技(マラソン) 2,500円~6,000円
陸上競技(競歩) チケット販売なし
バドミントン 4,000円~45,000円
野球 4,000円~67,500円
ソフトボール 2,500円~25,500円
バスケットボール(3X3) 3,000円~18,000円
バスケットボール(バスケットボール) 3,000円~108,000円
ボクシング 3,500円~45,000円
カヌー(スラローム) 3,000円~10,000円
カヌー(スプリント) 3,000円~9,500円
自転車競技(BMXフリースタイル) 4,000円~10,000円
自転車競技(BMXレーシング) 3,000円~12,500円
自転車競技(マウンテンバイク) 3,500円~5,000円
自転車競技(ロード(ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル)) 3,500円~5,500円
自転車競技(トラック) 4,000円~14,500円
馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術) 3,000円~16,000円
フェンシング 3,000円~11,500円
サッカー 2,500円~67,500円
ゴルフ 3,000円~10,000円
体操(体操競技) 4,000円~72,000円
体操(新体操) 4,000円~36,000円
体操(トランポリン) 5,500円~16,000円
ハンドボール 3,500円~20,000円
ホッケー 2,500円~10,000円
柔道 4,000円~54,000円
空手(形、組手) 3,500円~12,800円
近代五種 2,500円~4,000円
ボート 3,000円~9,500円
ラグビー 2,500円~25,500円
セーリング 3,000円~5,500円
射撃(ライフル、クレー) 2,500円~5,500円
スケートボード(パーク、ストリート) 4,000円~11,500円
スポーツクライミング 3,000円~12,500円
サーフィン 調整中
卓球 3,500円~36,000円
テコンドー 3,000円~9,500円
テニス 3,000円~54,000円
トライアスロン 4,000円~8,000円
バレーボール(ビーチバレーボール) 3,500円~45,000円
バレーボール(バレーボール) 4,000円~81,500円
ウエイトリフティング 2,500円~12,800円
レスリング(フリースタイル、グレコローマン) 4,000円~45,000円

 

チケット価格は、2018年7月20日現在のものです。大会計画や競技スケジュール等により、価格帯等は変更となる場合があります。
チケット価格は全て日本円・税込みとなります。
上記のうち調整中の価格については、大会計画や競技スケジュール等の状況により、価格が決まり次第公式ウェブサイトで発表いたします。

 

パラリンピック競技大会(会期:2020年8月25日(火)~9月6日(日))

競技、種別等 価格
開会式 8,000円~150,000円
閉会式 8,000円~90,000円
アーチェリー 1,800円~2,400円
陸上競技(トラック&フィールド) 2,000円~6,500円
陸上競技(マラソン) 2,000円~3,200円
バドミントン 1,600円~3,200円
ボッチャ 1,200円~3,200円
カヌー 1,200円~2,000円
自転車競技(トラック) 2,000円~3,200円
自転車競技(ロード) 1,400円~2,000円
馬術 1,400円~2,000円
5人制サッカー 1,800円~5,000円
ゴールボール 900円~2,800円
柔道 2,000円~5,000円
パワーリフティング 1,400円~2,000円
ボート 900円~2,400円
射撃 1,800円~2,400円
シッティングバレーボール 1,400円~3,600円
水泳 2,000円~7,000円
卓球 1,400円~2,800円
テコンドー 900円~2,000円
トライアスロン 1,400円~3,000円
車いすバスケットボール 2,400円~7,000円
車いすフェンシング 900円~2,400円
ウィルチェアーラグビー 2,400円~4,000円
車いすテニス 1,800円~6,500円

チケット価格は、2018年8月24日現在のものです。大会計画や競技スケジュール等により、価格帯等は変更となる場合があります。
チケット価格は全て日本円・税込みとなります。

(出典:https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/)

東京五輪2020・いい席の取り方とは!?

「チケットは販売窓口でも売る予定ですが、こちらは2020年になってから。陸上だとか、水泳だとか、どうしても見たい競技が決まっている人は、先手を打って事前にID登録をしてチケットを購入するのがベスト。窓口販売を待っていては、人気競技の場合、いい席が売り切れてしまう可能性があります」(スポーツ担当記者)

 

窓口販売も行うということで、それはありがたいことなのですが、

『やっぱりどうしてもいい席でみたい!!』

 

という方は公式サイトのインターネット販売を利用するべきだということです。

 

そのためのID登録などの必要性について見ていきたいと思います。

東京五輪ID登録とは?早い方がいい?いつまでにやる?

「ずっと気になっていたけどよく調べていなかった!」

 

「まだ先だから・・・」

 

 

という方もまだたくさんいると思います。

 

でも、何とこのID登録が2018年10月中旬で75万人を超えています。

前回のロンドン大会では、チケット販売開始時点で200万人だったということもあり、これでもまだ少ないようですが、もう75万人の方がチケットを取る方向で、ID登録をしています。

皆さんはもう登録済みましたか?

『東京五輪チケットID登録ってなに?』

東京五輪のチケットは、公式チケット販売サイトのほか、チケット販売所(2020年開設予定)で行います。

なお、公式チケット販売サイトは、チケットの一般販売開始時期にあわせオープンする予定で、本サイトでのチケット購入にはTOKYO 2020 IDの登録が必要になるのです。

 

ID登録の仕方についてはこちらで書いていきますので、登録を迷われている方はぜひご覧ください。

ID登録は早い方がいいの?

ID登録すると色々な情報が入ってくるので早めに登録するとお得ではあります!

登録が早いからいいチケットが取れるかといったらそういうわけではないです。

ただ、東京五輪までの間に色々なアップデートがもらえるので早く登録しておくと、チケットの取り忘れも防げるかと思います。

 

ID登録するともらえる情報

2020年までまだ時間があることもあり、今後次々に色々な情報が解禁になります。

ですので、こちらで情報のアップデートができるのは嬉しいですね!

*メールマガジン
*大会情報
*チケット情報
*ボランティア情報
*グッズ情報
*最新イベント情報

チケット販売スケジュール

オリンピック/日本国内在住者向け
* 2019年春~一般販売開始(抽選申込を含む)

 パラリンピック/日本国内在住者向け
* 2019年夏~一般販売開始(抽選申込を含む)

* ※大会計画や会場等の準備状況により、販売開始時期等は変更となる場合があります。

最後に

今後また色々な情報がアップデートされていくかと思いますが、ID登録をしておけば、簡単にチケット購入もできるのでおわすれなくしておくことをお勧めします。

 

また、ID登録の期限はないのでまだいいやと言う方は、近づいてきてからの登録でも大丈夫だとは思います。

 

ただし、いい席を取りたいかたはID登録をしていち早くチケットをゲットできるようにしていくといいかもしれませんね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事