今回の更新でもどんどん名声を高めている大阪桐蔭の根尾選手!

大阪桐蔭の根尾選手を甲子園後にも見られる試合、福井国体2018、U-18侍ジャパンの走行試合、国際試合(アジア選手権大会)があります。

今回は神宮球場で開催され、まだチケットもある侍ジャパン壮行試合について書いていきたいと思います!

その他の試合についても書いていますので、ご覧ください。

大阪桐蔭根尾選手とは

大阪桐蔭 根尾 選手プロフィール
名前:根尾 昂(ネオ アキラ)
ポジション: 内野手
生年月日 2000年4月19日
身長/体重 177/75
投打 右左
所属 大阪桐蔭高
寸評 バネのある動きで内野をソツなくこなし、外野も守備範囲の広さと強肩で魅了できる。打撃もパワフルで広角に打ち分け、場合によってはマウンドにも上がる驚愕の“三刀流”だ。

 

中学時代にMAX145kmを投げた右腕。

古川中学校出身。全中のスキー男子回転競技で優勝している。
兄は根尾学(斐太)で、2015年の甲子園予選・岐阜大会で準優勝した時のエース。

その兄の影響で、小学2年生頃から野球を始める。
2017年センバツでは、2回戦の静岡高校戦で甲子園初登板を果たした。
現在は大阪桐蔭の4番に座り、2017年秋はホームランを5本放った。MAX148km。

(出典:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2018_hs_infielder/neo_akira、https://www.kyureki.com/player/8614/)

根尾選手は内野手と書いてありますが、投手・内野手・外野手とこなす二刀流ならぬ三刀流の選手なのです!

しかもその他のスポーツでもなかりの成績を収めているだけではなく、頭もいい・・・・。

すべて兼ね備えたスーパーエースですね。

 

甲子園後に行う試合は大阪桐蔭注目選手吉田選手・柿木選手も出場する試合ですので注目の試合になると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事