■妊婦に安定期はない。

(*マタ旅=マタニティ旅行、妊娠中の旅行)

辛い悪阻も終えて安定期と言われたら、赤ちゃんが生まれる前にやりたいことがやれる!

そうだ、旅に行こう!

有名人が大きなお腹でビキニで南国なんていうのを見たら私も大丈夫と思ってしまいますね。

インスタなどでその写真をアップして、それをメディアが好意的に取り上げていくうちに

それに憧れた人達、もしくは安心した人達が真似をする。なんてこともあるかと思います。

もしくは、悪阻も酷くないし、安定した体調だから大丈夫。

そうだ、旅に行こう!

二人目、三人目だから大丈夫。

上の子の飛行機代がタダ、もしくは安いうちに飛行機で旅行に行こう!

なんてこともあるかと思います。

妊婦だからって食べ物や飲み物にも気を使っているのに、旅行もダメなのか!

と言いたくなる気持ちはわかります。

だって、その有名人たちも、友達だって何事もなく帰ってきて元気な赤ちゃん産んでるし。実際。

でも多少の不安はある。

そして、インターネットのブログや体験談を見ては、色々大丈夫な理由探しをしては安心材料を探す。

大変なことが起きた事例は私には起こらないだろうと思ってしまいます。

でも、事実妊婦さんは一人一人血圧だって、体質だって、全然違うので人と同じではないのです。

もしかしたらなんともない人の方が多いのかもしれない。

でも、妊娠に安定期はないと産婦人科の先生達は警鐘を鳴らしています。

■産婦人科医はどう思う?

以前女優の相武紗季さんが妊娠して、出産前にやっておきたい事は旅行として、

雑誌のインタビューに答えていた。駆け込み気味に旅行に出て思い出を作りたいとのことだったのですが、

それに対して産婦人科医の宋美玄さんはやめてほしいとツイートしてました。

ディズニーランド近くの病院に具合の悪くなった妊婦さんが救急搬送されることも多いようですし、

くれぐれも無理せずにしてほしいです。

■旅行に行きたいなら

旅行ではなくても里帰り出産、帰省などでなんらかの移動手段を使って住んでいるところを離れる時があるかと思います。

そんな時は妊婦の時期でも絶対に避けた方がいい時期!は避けましょう。

あとは、先生とも相談して、必ず母子手帳を持って歩く、など色々心がけましょう。

産婦人科の先生も訴訟などで訴えられたりしたらたまりません。

助けたい命でも、時間との勝負のこともあるでしょう。

楽しい旅行も、万が一があったら最悪の旅行になってしまうので、よく考えてメディアに

左右されるのではなく、自分で責任を持って決めるのがいいと思います。

■情報に振り回されないで

こんな情報社会で無理な話!と思いますよね。。。かく言う私もその一人ですが、

ネットサーフィンしていると、妊娠中の海外旅行も〇〇の準備をしっかりして保険も入って、これで大丈夫!

おおーそれならそれ準備すれば大丈夫?!なんて思う・・・その人はそれで大丈夫だったのでしょうが、

私もそうとは限りません。

保険って何かあったらお金は助かるけど、妊娠中の旅行で何かあったら赤ちゃんやお母さんが必ず無事だと言う保証ではない。

まして海外なら、緊急搬送になったら英語?何語?話せますか?今妊娠何週ですって英語か現地の言葉で言える?

なかなか難しいと思います。

■私の体験談■

実は私は第二子を出産時にかなり危ない状態になったので、しつこく言いたいのです。なるべくいつでも受診できるように!と。

私は、まさか自分が、まさかこの子が・・・。

と言う感じでした。

もう出産間近で朝から里帰り準備をして、ずーっと動いていたので、お腹の赤ちゃんが動いていないような?

と思いながら、よく聞く、「出産が近づくと赤ちゃんがあまり動かなくなる」と言うのも脳裏をよぎったりしていました。

私は、そんなことない!

((**赤ちゃんは出産間近でも動いています!おかしいと思ったらすぐ受診を!))

でもふっとした瞬間に、昨日より赤ちゃん、、、全然動いてない?!

と気づきました。

もともと神経質なので、旦那さんに伝えるも、気のせいじゃない?

と言う返事・・・・今考えるとひどいじゃあないか!!!と思いますが

そうこうしているうちに、体調が急変。

寒気と震えがきて、急遽出産予定だった総合病院に行きました。

当時の私はまだ幼い第一子がいたのですが、たまたま週末で旦那さんがいたので見ててもらえました。

病院へ着く頃には、もう40度近い熱が出て、フラフラの状態でした。

とても2歳の小さい子の面倒が見れる状態ではありませんでした。

冬だったこともあり、インフルエンザの可能性を考えて隔離されました。

診察すると、赤ちゃんが危険な状態です。動きません。心拍はあります。と。

何がなんだかわからないうちに緊急帝王切開の準備が始まりました。

私は、妊娠中に何個か合併症があったので、総合病院だったのが、ラッキーでした。

緊急帝王切開と言うと、「コウノドリ」とか医療系のドラマのように、すぐにオペとなるかと

想像しますが、そんなにすぐにはできません。

まず麻酔医、オペ室、先生、看護師さんなど、条件が揃うのにも時間がかかります。

変な話、こちらの書類準備や母体側の準備もあります。

赤ちゃん、〇〇です。

早く出してあげないと・・・・。なんて言葉も聞こえてきます。

そうこうしているうちに、陣痛が来て破水。

まだ予定日まで2週間ありました。

帝王切開の準備より、破水したこともあり、自然分娩の方が早いと判断します。オペ準備もしますが。

とのことでした。第一子の時に数日陣痛と戦った私は、帝王切開の方が早いのでは?と思いましたが、

あまりまともに話ができませんでした。

と言うのと、周りに沢山のスタッフさんがいて、何が何だかわからない状態。

色々ありましたが、無事出産は自然分娩で。

でも赤ちゃんは一瞬抱っこさせてもらって、すぐに NICUへ運ばれ、

私は体調が落ち着くまで(感染症の疑いとひどい貧血のため)、と2日程会わせてもらえませんでした。

とにかく赤ちゃんの生命力を信じて、今は自分の体力を回復させようと思って過ごしました。

3日目に会えた赤ちゃんはとても可愛くて嬉しかったのを覚えています。

ただ、赤ちゃんは、感染症にかかっていて、髄膜炎の可能性が高いとのことで、ずっと検査、

そして、NICUにいました。

もしかしたら障害が残るかもしれないとも言われました。

産後って侮れないのは、自分の精神状態。

受け止めるのに、時間もかかるし、勝手に涙出てくるし、上の子見ても涙ボロボロだし・。。・

「どうした。私???」

といった状態でした。

幸いなことに彼女は今、後遺症なく元気に過ごしています。

私の場合はすぐに病院に行けたこと、いい先生方に恵まれたこと、本当にラッキーだったとしか言いようがないです。

ただ、この日は実家に出産のために帰省する予定だったので、実家が近いと言うのも幸いなことでした。

遠くまで移動している途中だったらと思うとゾッとします。

まして、海外のフライト途中でこんなことがあったら私も赤ちゃんも、どうなっていたかわかりません。

数時間前まで、私は元気でなんともありませんでした。

だからこそ、出産は何があるかわからないと言われるのです。

怖がらせることばかり書いてしまいましたが、知っておいて欲しいです。妊婦さんたちが後悔しない選択をできることを願います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事